ワイン観光の宝:各地域の特徴

ワイン観光の宝:各地域の特徴

ワインツーリズムは、2000年代の変わり目に設立されて以来、活況を呈しています。ワイナリーとエステートへの訪問はずっと長い間利用できましたが、これらは主に、ほとんど常にフランス人である経験豊富な醸造学者の小さなグループに関するものでした。彼らの大部分は、これらの訪問を利用して、ワインメーカーと対話し、ワインが作られる前にワインのケースを購入することを検討しました(私たちはプライマーの購入と呼びます)。なぜこれらの訪問は、小グループの鑑識家の特権でしたか?なぜなら、ボルドーで生まれたプロセスであるエンプライムセールは、最初はワインの価格がこの地域の名声に直接関係する素晴らしいシャトーのみに関係していたからです。

ボルドーワインツーリズム:すべてが始まった場所


国際的にボルドーワイナリーの評判が高いため、主にボルドーワインの第一の波はワイン観光開発が組織されました。そのため、レジャー活動としてのワインツーリズムは、特に知識のあるアマチュアにワインを販売する商業プロセスと並行して発展しています。ボルドー城も国際的に非常に有名であるため、外国人観光客はこの地域で離陸します。

ワイン観光を始めた他の地域は、最初から外国人観光客の強い存在感があり、もちろんシャンパーニュです。シャンパーニュは、特にアジアで国際的に有名なセラーと非常に重要なマーケティングの存在感を持ち、顧客が求める製品のハイエンドな認識を中心に、豪華なワイン観光とセラー訪問を提供しています。

今日でも、これら2つの地域はワイン観光にとって最も魅力的であるように見え、2つの地域の合計普及率は35%を超えています(2018年のATOUT Franceの調査結果)。フランスのワイン観光で17%の市場シェアを誇るアルザスでのワインツーリズムの直後に来ます。上記の2つの地域とは異なり、アルザスはフランス国民の間での悪評の恩恵を受けていることに注意することが重要です。アルザスのワイン生産者は、地元住民のブドウ関係の活動に対する熱意を他の人々よりも長く享受してきました。そのため、地域の観光の一部は自然に試飲とブドウ畑を巡って行われ、フランスの訪問者と非常に効果的なコミュニケーションでした。

フランスのワインツーリズム:地域別の特徴


これまで見てきたように、ワインツーリズムの起源は地域によって大きく異なります。 2000年代からのインテリジェントなコミュニケーションのおかげで、活動は活況を呈しており、その数は印象的です。 7年(2009年から2016年)で、特にフランスのブドウ園を訪れることに外国人がますます惹きつけられたため、活動は30%以上増加しました。ボルドーとシャンパーニュのブドウ畑は常に裕福な観光客の大部分を引き付け、生産者から直接ワインのケースを注文するために彼らの訪問を利用しています。アルザス地方のワイン観光は、東部の住民にとってもフランス人にとっても非常に重要です。ブルゴーニュのワイン観光は、ボルドーとシャンパーニュのモデルに近くなる傾向があり、非常に大きな家の視認性が高まり、偉大なブルゴーニュのワインの評判は確かに国際的に目立ち始めています。したがって、シャンパンワインツーリズムでは、訪問者を共有する必要があります。
 

ワイン・ツーリズムは、市場シェアのさらに大きなシェアを占める外国人のおかげで非常に発展していることに注目することは非常に興味深いです。 2016年の推定シェアは49%で、その数は過去2年間でフランスの観光客の数をわずかに上回ることは確かです。地域ごとの各観光客の平均バスケットは非常に異なっていますが、これは別の記事の主題になります。